So-net無料ブログ作成
検索選択
フィレモンへの手紙 ブログトップ

第2234日目 〈フィレモンへの手紙:〈フィレモンの愛と信仰〉、〈パウロ、オネシモのために執り成す〉他with「フィレモン書」読了の挨拶〉 [フィレモンへの手紙]

 フィレモンへの手紙です。

 フィレ1-3〈挨拶〉
 キリスト・イエスに囚われたパウロとテモテから、協力者フィレモンへ、姉妹アフィアと戦友アルキポへ、あなたの家の教会へ。神と主キリストの恵みと平和があなた方へありますように。

 フィレ4-7〈フィレモンの愛と信仰〉
 フィレモンよ、わたしは祈りの度にあなたを思い起こします。というのも、主に対するあなたの信仰と聖なる者たちへ寄せるあなたの愛を、知っているからです。
 われらの間でキリストに対して行われている善きことをあなたが知り、それによってあなたの信仰の交わりがいっそう活発になることを期待します。
 「兄弟よ、わたしはあなたの愛から大きな喜びと慰めを得ました。」(フィレ7)

 フィレ8-22〈パウロ、オネシモのために執り成す〉
 フィレモンよ、あなたの愛に訴えてお願いしたいことがあります。
 わたしはこちらで1人の奴隷を回心させました。名前はオネシモ。ご存知でしょう。かれはあなたにとっては役不足、取るに足らぬ者でした。が、いまは違います。キリストの恵みに与るようになったオネシモは、わたしを手伝えるぐらいの人物となったのです。
 本当ならこのままここにいて手伝ってもらいたいのですが、あなたにお返しします。この手紙を携えて帰るオネシモを、どうぞあなたの愛を以て迎え入れてください。かれは1人の人間として、主を信じる者として、あなたの愛する兄弟であるはず。
 「恐らく彼がしばらくあなたのもとから引き離されていたのは、あなたが彼をいつまでも自分のもとに置くためであったかもしれません。その場合、もはや奴隷としてではなく、奴隷以上の者、つまり愛する兄弟としてです。」(フィレ15-16)
 どうかかれをわたしと思うて迎え入れてください。かれがもしあなたに対して負債を負っていたり、なんらかの損害を与えているのなら、どうかその請求はわたしに回してほしい。わたしはこの手紙を自分で書いています。だからこの依頼も信用してくれて構わないのです。
 ここでわたしがお願いしたことをあなたは聞き入れて、叶えてくださると信じています。おそらくあなたはわたしが望む以上のことをしてくれるでしょう。
 序でに申せば、わたしは近日中に釈放されそうなので、そうしたらあなたのところへ行きます。いつ訪問しても大丈夫なように準備しておいてください。あなたの祈りによってそちらへ行くことができるよう希望しているのですよ、わたしは。

 フィレ23-25〈結びの言葉〉
 キリスト・イエスゆえわたしと一緒に投獄されているエパフラスが、またわが協力者であるアリスタルコとデマス、マルコとルカが、あなたにどうぞ宜しくといっています。
 どうか主キリスト・イエスの恵みがあなたの霊と共にありますように。

 執り成しを依頼する手紙のなかに、ずいぶんと浮いた話題が一つ。しかもそれはあくまで「ついで」として俎上に。どうやらパウロはこの手紙の筆を執った頃、自分の釈放の可能性を見出していたようであります。それを示唆する具体的な話があったのか、或いは願望に留まる噂や予感の域を出ぬものであったのか。定かではありません。が、そこに信憑性のある裏附けがなければ、「わたしのため宿泊の用意を頼みます」(フィレ22)なんて台詞は出てこないと思うのですよね……。
 本書簡に登場する人物の過半は既に「コロサイの信徒への手紙」を始め、「使徒言行録」、「マルコによる福音書」と「ルカによる福音書」の前夜などで(すくなくとも名前だけは)紹介済み。今回が初出となるのは宛先のフィレモンと、姉妹アフィア(フィレ2)だけであります。



 〈獄中書簡〉をまず終わらせるため、順番は前後しましたが「フィレモンへの手紙」読了であります。〈前夜〉にも書いたことでありますが、わたくしはこれを読んで「安寧」としかいいようのない気持ちを抱きました。根本にあるのは、ああ良いなぁ、という感情、一読心を洗われたようなそれなのです。
 こうしたシンプルかつストレートな手紙が〈パウロ書簡〉の最後に置かれたことは──たとえ分量偏重の結果だとしても──とても意義のあることと思います。また、他にも単一章から成るパウロ書簡はあったでしょうに本書簡だけが新約聖書に〈パウロ書簡〉の1つとして収められた点を感慨深く思うところなのであります。
 次は前に戻って2つの「テサロニケの信徒への手紙」、3つの〈牧会書簡〉と進んで〈パウロ書簡〉の読了となる。今後、特にわたくしが怠惰に流されて何ヶ月も書かない日が続いたりしない限り、予定通り今秋のうちに新約聖書全巻並びに聖書の読書も終わることでしょう。わたくしの病気がこのあとどれだけ進行したとしても、この予定だけは違えることなく完遂するつもりであります。ご安心あれ。そのときの訪れまで、読者諸兄よ、わたくしはあなたを恃みとする。
 それでは、「テサロニケの信徒への手紙 一」前夜で再会しよう。◆

共通テーマ:日記・雑感

第2233日目 〈「フィレモンへの手紙」前夜with漫画家、小山田いくさんが亡くなりました……ああ、もう!?〉 [フィレモンへの手紙]

 「フィレモンへの手紙」はおそらくコロサイ、もしくは近郊のラオディキアかヒエラポリスに住んでいたキリスト者、フィレモン宛の手紙であります。なお、これは〈獄中書簡〉の1つ。残り3書簡と離れた位置に置かれているのは、往事の手紙の価値が長さによってこそ決定されていたため。単一章の本書簡がパウロ書簡の掉尾に於かれた理由であります。
 パウロ書簡のうち、個人へ宛てられた手紙は他にテモテとテトスへ向けたものがあって、そちらは〈牧会書簡〉に分類される。そのテモテとテトスは他書簡や「使徒言行録」の記述を再構成することによって、経歴などその片鱗を窺うことは可能です。
 が、フィレモンは本書簡以外どこにも名の出ない人物ゆえ、かれに関する情報は皆無に等しいといえます。住所もコロサイ、乃至は近郊の2つの町のいずれか、という風に、事実に極めて近いであろうが確証はどこにもありません。
 フィレモンはオネシモという奴隷を持っていました。その1点を以てそれなりの立場と経済力がある人物が想像できますが、これも実像とどこまで一致するかは怪しいものです。ただこれを逆手にとって、フィレモンの人物像を勝手に夢想してみるのも楽しいかもしれませんね。
 本書簡は「コロサイの信徒への手紙」と同じ時期、同じ場所で書かれました。即ち、53-55年頃エフェソにて。
 「フィレモンへの手紙」はいうなれば個人と個人の不和を執り成す/調停するために書かれました。──フィレモンの許にいた奴隷オネシモはなんらかの理由によって主人のところを出奔、エフェソへ流れ来たったかれは監禁中のパウロの知遇を得てキリスト者へ回心しました。手紙の内容は、主人の許へ帰るオネシモをキリスト者として迎え入れてあげてください、というもの。
 かつてイエスは律法を無効とし、<新しい掟>を使徒たちや支持者たちへ教えました。その残響は1世紀中葉の本書簡にまでたしかに響いております。それが異邦人へ宛てられた手紙のなかに見出せることに胸が熱くなるのであります。明日のノートでどこまでそれを伝えられるかわかりませんが、もしそれを確かめたいという方がいるならば、是非実際に新約聖書を開いてパウロの言葉を直接味わい、併せて福音書や他のパウロ書簡を繙いてほしい、と思います。
 わたくしは全25節の本書簡を読んで安寧の気分を抱いたのですが、それは勿論わかりやすい内容であることに加えて、これまでの書簡でパウロが説いてきたキリストの福音、イエスが福音書で語った<新しい掟>が純化された形でまとめられているせいもあるでしょう。
 単一章の書物を読むのは旧約聖書続編の最後に収められた「マナセの祈り」以来となります。それでは明日、「フィレモンへの手紙」を読みましょう。

 今朝のことです。出勤前のほんの一時のことです。LINEニュースで知り、Twitterで確かめ、ハフポストまで記事にしたことでようやく本当だったのか……と嘆いた出来事がありました。
 漫画家、小山田いくさんが亡くなった由。享年59才。長野県小諸市のご自宅で亡くなっているのが発見された模様。今年に入ってやはり漫画家である弟たがみよしひさ氏のTwitterには、ご家族の容体が悪い旨呟かれており、ファンの間では様々憶測されていたそうです。
 小山田いくさんの代表作は『すくらっぷブック』や『ぶるうピーター』、『マリオネット師』、『星のローカス』など。『少年チャンピオン』誌でデビューしたこともあってか、秋田書店の刊行物が現役の間は発表の主舞台でした。玄人受けする漫画家でありましたね。
 出会い小学生のとき、兄から借りた『少年チャンピオン』誌で連載されていた『すくらっぷブック』にて。文化祭の準備をしている回であったと記憶します。爾来、即かず離れずの距離を保ちながらファンをやって来ましたが、その後創作に携わるようになって常に自分の根っこにあったのは小山田いく作品であることを再認識したのは、たぶん火事を経験した30代前半。わたくしが書き紡ぐ小説の世界が特になんの変哲もない日常の光景であるのは、子供の頃に読み耽った小山田いくさんの作品に影響を受けているのだろうなぁ。
 まだきちんとその死を悼み、作品を回顧することはいまの自分にはできそうもありません。初めて好きになったマンガは『すくらっぷブック』、初めて作家読みするようになった漫画家は小山田いくさんでしたから。いまは斯様に追悼の気持ちを表すに留めましょう。
 やすらかにお眠りください。◆

共通テーマ:日記・雑感
フィレモンへの手紙 ブログトップ