So-net無料ブログ作成

第0432日目 〈列王記下第24章:〈ユダの王ヨヤキム〉2/2、〈ユダの王ヨヤキン〉&〈ユダの王ゼデキヤ〉〉 [列王記・下]

 列王記下第24章です。

 王下24:1-7〈ユダの王ヨヤキム〉2/2
 ヨヤキムの御代、バビロンがユダを攻めた。時のバビロン王はネブカドネツァル。主はユダを滅ぼすためにバビロン軍の、カルデア人・アラム人・モアブ人・アンモン人の部隊を差し向けた。
 また、この頃既に、バビロンはエジプト領としてあったエジプトの川からユーフラテス川に至る地域を占領していた。為、ファラオは再びユダを攻めることはおろか、自分の領外へは一歩も出ることができなかった。
 「ユダが主の御前から退けられることは、まさに主の御命令によるが、それはマナセの罪のため、彼の行ったすべての事のためであり、またマナセが罪のない者の血を流し、エルサレムを罪のない者の血で満たしたためである。主はこれを赦そうとはされなかった。」(王下24:3-4 ex:王下21:2-16、殊に21:14-16)
 ヨヤキム王の事績、行ったすべてのことは『ユダの王の歴代誌』に記されている。
 崩御して埋葬されて後は、その子ヨヤキンが次王となった。

 王下24:8-17〈ユダの王ヨヤキン〉
 ヨヤキムに代わってその子ヨヤキンが新しいユダ王となった。18才で即位した彼の御代は、王都エルサレムにて3ヶ月続いた。母はエルサレム出身エルナタンの娘ネフシュタ。
 彼も父王同様、主の目に悪と映ることをことごとく行った。
 このヨヤキン王の御代、バビロンの武将たちがエルサレムへ向かって攻め上り、包囲した。遅れて彼らの王ネブカドネツァルも到着した。
 ヨヤキンは母や家臣らと共に、バビロン王に謁見するため出て行ったが、もう王都へ戻ることがなかった。彼らはそのまま、エルサレムの全住民とすべての兵士と一緒に捕囚となり、バビロンへ連行された。
 バビロン王はヨヤキンに代わってそのおじ、マタンヤを(ゼデキヤと名を改めさせた上で)ユダの王に据えた。

 王下24:18-20〈ユダの王ゼデキヤ〉
 ヨヤキンに代わってそのおじ、マタンヤがゼデキヤと名を改めさせられて即位した。21歳で王となった彼の御代は、王都エルサレムにて11年続いた。母はヨアハズ元王と同じく、リブナ出身イルメヤの娘ハムタル。
 彼も主の目に悪と映ることをことごとく行った。
 「エルサレムとユダは主の怒りによってこのような事態になり、ついにその御前から捨て去られることになった。ゼデキヤはバビロンの王に反旗を翻した。」(王下24:20)

 表現はとても簡素ですが、ユダ滅亡を真に決意した主の描写は、かつての北王国イスラエル滅亡のときよりも激しく、生々しい。そんな風に思えます。
 これもユダ王の系譜が即ち僕ダビデの家の血筋だからでしょうか? ダビデの家=歴代のユダ王とは、一種の“万世一系”なのであります。



 家族を守って死んだ父の分も生き直すと決めて臨む新しい人生。
 でもせめて、生きていてくれたら、と思うこともしばしば。  お父さん、逢いたいよ。◆

共通テーマ:日記・雑感