So-net無料ブログ作成

第0884日目 〈箴言第12章:〈諭しを愛する人は知識を愛する。〉with心からの「ありがとう」を捧げます!〉 [箴言]

 箴言第12章です。

 箴12:1-28〈諭しを愛する人は知識を愛する。〉
 善き人は主へ忠実を尽くし、正義を旨としてその根は揺るがず、苦難から救い出される。そうでない者は心がいじけており、虚言を吐く唇を厭われ、その生涯は怠惰と災難に満ちている。
 「悪を耕す者の心には裏切りがある。/平和を勧める人の心には喜びがある。」(箴12:20)
 有能で聡明な妻は夫の誇り、勤勉な人は人類の貴い財産、また、思慮深い人は軽蔑されても隠して耐える。

 「人は手の働きに応じて報いられる。」(箴12:14)

 「真実を語る唇はいつまでも確かなもの。/うそをつく舌は一瞬。」(箴12:19)

 ○有能で聡明な妻! 嗚呼、ぼくもこういう人とめぐり逢いたかった!! このあたり、『枕草子』を思い出しますね。清少納言もそうであったであろうけれど、確か彼女自身、この随筆のなかで同じように有能で聡明な奥さんを家庭に置いておける旦那さんは絶対尊敬される、なんていうのがあったように記憶します。家庭に置いておける、とはいっても、これ、あくまで平安時代の話ですからね? 申すまでもありませんが、念のためにお断りしておきます。
 だけれど、軽蔑されても耐える、なんて、社会人なら当たり前ですよね、思慮深くなくてもさ。それも出来ないでいきなりプッツンしたり暴れたり叫き散らすのは、そもそも人間としてどうか、と思います。品格とかいうレヴェルでなく、人間の質としてね。もっとも、言うだけ無駄な人、というのもこの世には確かにいますから……ふう、難しいね。



 宰相菅さん総スカン、とでも銘打って、12日に行われた福島原発への視察と視察終了までの作業中断要請、一時中断の影響によるのか第一原発の爆発について、とか、13日と14日(おそらく15日も?)の東京電力の情報錯綜と勇み足━━「明日の停電実施せず」と速報を流した直後に、各グループの停電実施予定時間をwebやTVで公開するのやめてくれ!━━について書こうか、と思うたのだが、やめておくことにした。
 どれも頭の悪くなる話で、こんな救いがたい程情けない人たち(枝野官房長官を除く。倒れないようにがんばって)について書くと、東北の地にあってこの困難を乗り切ろうと努力されている方々━━被災者のなかに読者がいた! とくろーさん、携帯からの「奇跡のような」コメントをありがとうございました!!━━を暗くさせるだけなので。怒りは或る程度の復興が果たされたあとに、かの居直り宰相にぶつけたって遅くない。
 地震発生の夜から、本ブログのエッセイ欄を使って被災地のみな様へ、わたくしなりにメッセージを発信してきました。が、これ以上の言葉は却って空々しくなるかもしれないし、これを読む人たちの心を知らずに逆撫でするかもしれない。なによりも、普通に、毎日更新してゆくことが、かの地に読者をもつこのブログの作者である自分に、いまできることかもしれない。そう考えて、明日から特段なんの変哲もない、いつもの内容に戻ります。くだらなかったり、箸にも棒にも引っかからないようなものだけど、こんなブログで一時の苦しみを忘れていただければ幸いです。
 でも、その前にこれだけいわせてください。被災地に赴いて作業に携わるすべてのボランティアの方々(特に大学生!)に、支援の手を差し伸べてくださっているすべての国の方々に、心からの「ありがとう」を!◆

共通テーマ:日記・雑感