So-net無料ブログ作成

第0886日目 〈箴言第14章:〈知恵ある女は家庭を築く。〉with『悪霊』の再読を仕切り直そう、という建設的計画について、端的に述べるのだ。〉 [箴言]

 箴言第14章です。

 箴14:1-35〈知恵ある女は家庭を築く。〉
 知恵ある人はそれによって自分を守り、自分の道を見分ける。貧しい人を憐れみ、悪を避ける。
 神に逆らう者の家は断絶し、正しい人の天幕は繁栄する。主を畏れれば頼るべき砦が得られ、子孫のための避けどころを得る。
 愚か者の無知は欺き、欺きは裏切り。罪を耕せば必ず迷い、善人の前に悪人は身を低くする。
 「真実の証人は魂を救い/欺きの発言をする者は裏切る。」(箴14:25)

 「知恵ある女は家庭を築く。/無知な女は自分の手でそれを壊す。」(箴14:1)

 「魂の苦しみを知るのは自分の心。/その喜びにも他人はあずからない。」(箴14:10)

 「笑っていても心の痛むことがあり/喜びが悲しみに終わることもある。」(箴14:13)

 「穏やかな心は肉体を生かし/激情は骨を腐らせる。」(箴14:30)

 「神に逆らう者は災いのときに退けられる。/神に従う人は死のときにも避けどころを得る。」(箴14:32)

 ○心の琴線に触れるような文言と出会うと、心が震えます。それが例えすぐには理解できないものであっても、なんだか気になって何度も読み返したり、胸のなかで転がしていると、或るとき、ふっ、と理解が及ぶ場合もある。━━引用もした箴14:10と13はその好例。なんとなく、だが来し方を回想して、そういえばわが身、わが思いに思い当たる節はあるなぁ、と考えるのです。
 喜びが悲しみに終わる(箴14:13)、なんて、まさしく<恋の始まり>と<恋の終わり>ですよね。昨年はしあわせだったのに、請われて戻った途端の冷戦状態はなんなのだ……?
 それに箴14:10もなにやら、さんさんかという人物を端的に表現しているような文言で、思わず溜め息を吐(つ)いちゃいます。苦しみや悩みがあっても、それをいうのに憚りを感じてなにもいえずにいる性格の人って、いるんですよね。ほら、ここに。ね? 厄介ですよ、こんな性格の主がこの世を渡ってゆくのは。だからこそ、誰かそばに一緒にいてくれる人が必要なんだ。



 勇んで再読を始めたドストエフスキー『悪霊』。が、てんやわんやで読み進めずにいる。仕方ないから機を見て仕切り直しを計るつもりです。憂い事を抱えていても、前に進むのだ。放棄なんて、しないからね?◆

共通テーマ:日記・雑感