So-net無料ブログ作成

第1336日目 〈オバデヤ書:〈エドムの傲慢と滅亡〉&〈イスラエルの回復〉with「ガンダム」シリーズの新作、10月放送スタート。〉 [オバデヤ書]

 オバデヤ書です。

 オバ1-18〈エドムの傲慢と滅亡〉&19-21〈イスラエルの回復〉
 預言者オバデヤに臨んだエドムへの審判の言葉、――
 わたしはエドムを地上で最も小さな存在とする。それがきっかけとなり、諸国から侮られるようになるだろう。
 エドムよ、お前がどれだけ豊かになり、強くなろうとも、わたしはお前を引きずり下ろして地の塵芥にまみれさせる。侵略者が来たら痛めつけられて、貯えられていた富は探し出されて奪われてゆく。かつての同盟国がお前に立ち向かい、国境まで追撃し、無力にし、主人(あるじ)なきあとのエドムの地を征服する。
 エドムよ、お前が兄弟イスラエルに対して非道なことを行ったから、斯様な苦痛を味わうことになるのだ。それが原因で、お前たちは永久に滅ぼされる。
 兄弟イスラエルが苦しんでいるとき、悩んでいるとき、災いに見舞われているとき、お前はなにをしていたか。エドムよ、お前はイスラエルの苦しみ、悩み、災いを慰めるどころか、逆にそれを助長させた。敵の手を避けて逃れてきた者を待ち伏せした。生き残った者を引き渡してはならない。
 「主の日は、すべての国に近づいている。/お前がしたように、お前もされる。/お前の業は、お前の頭上に返る。」(オバ15)
 わたしの聖なる山で飲んで泥酔したお前たちは、(へべれけになり、前後不覚となり)まるで最初から存在しなかったかのようになる。シオンの生き残りは帰ってきて、再びそこを聖なる山とする。
 かれらは回復して、自分たちの土地を取り返し、侵略者たちの土地を所有する。回復したイスラエルは、シナイ半島一帯からギレアド、ティルス近郊、(ペリシテ人の地を含む)大海の沿岸地域までを所有する。

 昨日の「前夜」でこの「オバデヤ書」と「エレミヤ書」に相似する点がある旨、申し上げました。該当箇所はオバ1-9とエレ49:7-22。いずれもエドムへ対する警告であるのは勿論ですが、語られる内容や表現がとてもよく似ている、というのであります。
 たとえば、――
 エレ49:9「ぶどうを取り入れる者が来れば/ひと房も残すことはない。/盗人が夜来れば欲しいものをすべて持って行く。」(エレ49:9)
 オバ5「もし、盗人がお前のところに押し入り/夜の侵略者が来れば/いかに、お前は痛めつけられることか。/彼らは欲しいだけ盗んで行くではないか。/ぶどうを収穫する者が、お前のもとに来れば/取り残しの実しか残さないではないか。」
 或いは、――
 エレ49:14-16「わたし(エレミヤ)は主から知らせを聞いた。/使者が諸国へ遣わされ/『集まれ、エドムを攻めよ。/戦いに出よ』という。/見よ、わたしはお前を諸国のうちで/最も小さいものとする。/お前は人々にさげすまれる。/岩の裂け目にいる者よ/丘の頂に立てこもる者らよ/お前の脅しもうぬぼれもお前を支えはしない。/お前が鷲のように高いところに巣を造っても/わたしはお前をそこから引き降ろす」。
 オバ1-4「我々は主から知らせを聞いた。使者が諸国に遣わされ/『立て、立ち上がって/エドムと戦おう』と告げる。主なる神はエドムについてこう言われる。/『見よ、わたしはお前を/諸国のうちで最も小さいものとする。/お前は、大いに侮られる。/お前は自分の傲慢な心に欺かれている。/岩の裂け目に住み、高い所に住みかを設け/『誰がわたしを地に引きずり降ろせるか』と/心に思っている。/たとえ、お前が鷲のように高く昇り/星の間に巣を作っても/わたしは、そこからお前を引き降ろす』」。
 斯様な点から「エレミヤ書」と「オバデヤ書」の影響関係について侃々諤々いわれてきましたが、現在では、どちらの書物が先に成立してもう一方がそれを参考にしたのだろう、というのではなく、互いに同じ資料を基にして執筆されたと考える方が大勢を占めているようであります。わたくしが「オバデヤ書」を初めて読んだときの既視感は「エレミヤ書」で読んだ表現が似た形で登場し、かつそれがなんとなく記憶に残っていたためでありましょう。
 オバ20に出る地名、サレプタとセファラド。サレプタはティルスとシドンの間にあるフェニキヤ人の町で、かつて王上17:-24で預言者エリヤと寡婦(やもめ)の故事の舞台がこの町でした。セファラドは位置は未詳ながら一説に拠れば、小アジアはリディア国の首都云々。これに基づけば、エルサレムの捕囚はバビロニア以外の国にもいたことになります。リディアもエドム同様、バビロニア軍によるエルサレム陥落/ユダ滅亡に協力していた、ということでしょうか。
 なお、19-21節〈イスラエルの回復〉は本文では「回復したイスラエルは、シナイ半島一帯から」以下の文章です。
 「オバデヤ書」は今日で終わり、明日から「ヨナ書」に入ります。



 今年10月から「ガンダム」シリーズの新作として『ガンダムビルドファイターズ』が放送される由。SKE48松井玲奈をプレゼンターとした発表会見があったそうですね。
 新作「ガンダム」のテーマはガンプラ。ガンプラが流行している近未来を舞台に、ガンプラを操作してガンプラバトル世界大会での優勝を目指す主人公の活躍を描く、という内容。宇宙世紀の話ではなさそうですね。
 これを聞いて、わたくしぐらいの世代の方なら思い出すコミックがあるのではないか。「週刊少年チャンピオン」誌で連載されていた『プラレス3四郎』と、「コミックボンボン」で連載されていた『プラモ狂四郎』である。
 殊に後者は新作「ガンダム」との共通項を大きく感じる。なによりも『プラモ狂四郎』は、やはり当時大流行していたガンプラをフューチャーしたバトル漫画であった。模型店のオヤジさんが趣味で開発したヴァーチャル・リアリティの装置を使って、主人公の狂四郎が自作のオリジナル・ガンダムでさまざまなライヴァルと戦ってゆく、というのが『プラモ狂四郎』の粗筋。なんとなく今回の新作「ガンダム」を想起させますね。もっとも、こちらにはガンダムや他のMSだけでなく、エルガイムなどサンライズ作品のバンダイ製プラモデルが大挙して登場していた覚えがありますが。
 『ガンダムビルドファイターズ』を単純に21世紀版『プラモ狂四郎』と判断していいのか、判断するのは早計だが、これまでの「ガンダム」シリーズと明らかに一線を画す作品であるのは確か。<オール・ガンダム>を掲げた今作は全シリーズの全MSが登場するという。この点について特に楽しみにしていることを最後に告白しておきます。◆

共通テーマ:日記・雑感