So-net無料ブログ作成

第2230日目 〈コロサイの信徒への手紙第2章2/2、第3章&第4章:〈日々新たにされて〉、〈結びの言葉〉他with「コロサイ書」読了の挨拶〉 [コロサイの信徒への手紙]

 コロサイの信徒への手紙第2章2/2と第3章、第4章です。

 コロ2:20-3:17〈日々新たにされて〉
 あなた方はキリストと共に死に、世を支配する諸霊と関わりある人々。なのになぜ、未だ世に属するような生活をしているのですか。どうして戒律に縛られているのですか。それは人間の定めた規則や教えに拠って立つもので、なんの価値もない、肉の欲望を満足させるだけのものです。
 あなた方はキリスト共に復活しました。ならば、この世のものではなく上にあるものを求めなさい。神の右側にキリストはいます。あなた方の命はキリストと共に神の内に隠されているのです。あなた方の命であるキリストが現れるときには、あなた方もキリストと共に栄光に包まれた姿で現れることでしょう。
 そのためにも地上に属する邪な事どもと縁を切りなさい。邪な事どもとは、淫らな行い、不潔な行い、情欲、悪い欲望、貪欲を指し、最後の貪欲とは偶像礼拝に他ならぬ。これらのことをしでかす不従順な人々の上に神の怒りは降るのです。
 ああ、そうです、あなた方もかつてはこのような生き方をしていましたね。が、いまはそのすべてを、とりわけ怒り、憤り、悪意、訝り、誹り、口から出る恥ずべき言葉を捨てなさい。嘘をつき合うのもやめましょう。さあ、──
 「古い人をその行いと共に脱ぎ捨て、造り主の姿に倣う新しい人を身に着け、日々新たにされ」(コロ3:9-10)なさい。
 「あなたがたは神に選ばれ、聖なる者とされ、愛されているのですから、憐れみの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい。互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたも同じようにしなさい。
 これらすべてに加えて、愛を身に着けなさい。愛は、すべてを完成させるきずなです。
 また、キリストの平和があなたがたの心を支配するようにしなさい。この平和にあずからせるために、あなたがたは招かれて一つの体とされたのです。いつも感謝していなさい。
 キリストの言葉があなたがたの内に豊かに宿るようにしなさい。知恵を尽くして互いに教え、諭し合い、詩編と賛歌と霊的な歌により、感謝して心から神をほめたたえなさい。
 そして、何を話すにせよ、行うにせよ、すべてを主イエスの名によって行い、イエスによって、父である神に感謝しなさい。」(コロ3:12-17)

 コロ3:18-4:1〈家族に対して〉
 妻たちよ、主を信じる者に相応しく振る舞い、夫へ仕えなさい。
 夫たちよ、妻をのみ愛しなさい。辛くあたったり、傷附けたり、悲しませたりするな。
 子供らよ、両親に従いなさい。それは主に喜ばれること。
 父たちよ、子供を苛立たせていじけさせるな。
 奴隷たち、主に仕える如く、真心持て肉なる主人に仕えなさい。
 主人たち、奴隷を正しく公平に扱いなさい。
 あなた方は神の御国を受け継ぐ幸いを知っています。主キリストに仕えているからです。
 「不義を行う者は、その不義の報いを受けるでしょう。」(コロ3:25)例外はない。

 コロ4:2-6〈勧めの言葉〉
 目を覚ましていなさい。感謝をこめて、心をこめて、祈りなさい。
 そのときには、われらのためにも祈ってください。神が御言葉のために門を開き、キリストの秘められた計画をわれらが語れるように。
 「いつも、塩で味付けされた快い言葉で語りなさい。そうすれば、一人一人にどう答えるべきかが分かるでしょう。」(コロ4:6)

 コロ4:7-18〈結びの言葉〉
 こちらでのわたしの様子はティキコが語ってくれるでしょう。かれを派遣するのはあなた方がわれらの活動を知り、かれによって心が励まされるよう願うからです。
 ティキコと一緒にあなた方もよく知るオネシモを遣わします。かれら2人がこちらの様子を余すところなくあなた方へ伝えるでしょう。
 それから、共に獄中の身となっているアリスタルコが、またバルナバのいとこマルコが、ユストと呼ばれるイエスが、あなた方へ宜しくというています。「割礼を受けた者では、この三人だけが神の国のために働く者であり、わたしにとって慰めとなった人々です。」(コロ4:11)
 あなた方のためにいつも熱心に祈っているエパフラスが、デマスとわたしの愛する医者ルカが、どうぞ宜しくといっています。
 どうかラオディキアの兄弟たちと、ニンファと彼女の家に集う教会の人々に、宜しくお伝えください。この手紙はラオディキア教会にも回してください。ラオディキアの人々がこれを読めるよう取り計らってください。またラオディキア教会から手紙が回ってきたら、あなた方は読むようにしてください。
 それから、アルキポに、務めをよく果たすように、と伝えてください。
 「わたしパウロが、自分の手で挨拶を記します。わたしが捕らわれの身であることを、心に留めてください。恵みがあなたがたと共にあるように。」(コロ4:18)

 慈しみの精神に裏打ちされたパウロ筆「コロサイの信徒への手紙」はこうして擱筆されます。
 わたくしは未だパウロの神学についてはよくわからないところを多く持つのですが、それでもキリストに結ばれたのであれば古い自分を脱ぎ捨てて新しき日々を生きよ、というかれのメッセージには心至るものがあります。引用したコロ3:12-17についてもであります。
 中心をなす理念はわからずとも伝わるべきは伝わるのだ、ということを図らずも今日得心した次第──ちと大きく構えますが、わたくしの本音であります。

 本日の旧約聖書はコロ3:1と詩110:1。



 本日を以て「コロサイの信徒への手紙」読了、予定より1日早く擱筆したのはこちらの事情。明日は慰労会のため、第4章2/2となるはずだった原稿を書くには、おそらく体力も気力もなくなっていることだろう、という判断からです。
 本書簡の読書については常の午前2時に更新することができなくなって、結局最後まで立て直すことはできなかった。されど斯様に読了の報告ができたことに安堵しております。読者諸兄よ、一緒にいてくれてありがとう。サンキー・サイ。
 次は、予告通り順番を換えて〈獄中書簡〉の最後の手紙、「フィレモンへの手紙」であります。単一章のそれは今週末に読みましょう。◆

共通テーマ:日記・雑感